うつ病にはレベルがある、軽度の状態で治療しよう

うつ病のタイプ

どういった種類があるのか

うつ病にはいろいろなタイプのものがあり、細かく種類があります。 大きく分けますとメランコリー型と非定型とに分けられています。メランコリー型の特徴としては真面目で周りへの配慮があり、仕事熱心な方が特徴として多いと言われています。またうつ病であることを隠そうしてしまうのです。そういったことも生じてストレスが異常に多くなりうつ病になるといったケースが多くあります。 非定型は他にも新型うつ病や逃避型うつ病、ディスミア型うつ病とも呼ばれています。 責任のある仕事につこうとしなかったり、問題があると人のせいにしてしまったりということが特徴として挙げられます。 この2種類がありますが、決して治らない病気ではありませんので発症してしまったとしても治療を受けることで治すことができます。

現在うつ病になりやすい性格の方とは

うつ病にはその方の特徴よって何種類かに分けることができます。 なってしまう方の特徴として真面目で几帳面な人や言いたいことが言い出せないでいる人、仕事がたくさんあるけれども他人に任せられない人、自分の感情等を相手に伝えることができない人等が当てはまります。 なりやすい性格の性質というのも3種類あります。 1つめは循環気質な性格の方です。これは社交的で親切、性格が明るい人が当てはまる一方で物静かで気弱、悲観的という要素を持っている方が当てはまります。 2つめはメランコリー親和型性格と言い、人と円満な関係を好み、人との争いを嫌う人です。 3つめは執着性格と言い、生真面目な性格で思い込みが激しく頭の切り替えがなかなかできないという方が当てはまります。